これで洗濯の質が変わる!簡単に出来る洗濯のコツ

洗濯機

こんにちは、まちのでんきやさんをしているnanomiiです!

普段、何気なく使っている洗濯機ですが、使い方ひとつで洗濯の質が変わります。
今回は、洗濯の質を上げるコツについて話します。

今後、洗濯機を買い替えようと考えている方は以下の機能がある洗濯機をおすすめします。

水温は温かい方がいい!

水道水(冷水)をそのまま洗濯に使っている方が多いと思います。
実は、温水にするとより汚れが落ちやすくなります
→理由は、ほとんどの洗濯洗剤が水温40度で活性化されるからです。

汚れの種類や衣類の種類にも適度な温度があります。
例えば、皮脂などの汚れは、水温が40度だと浮いて落ちやすくなります。

ですが、洗濯機の温度を常に40度に保つことは難しいですよね。
温かい風呂水を入れたとしても洗濯しているうちに冷めてしまいます。

そこでおすすめなのが、温水で洗える洗濯機です。

温度調節が可能な洗濯機であれば、衣類に合った水温で洗うことが出来て、衣類が長持ちします。
今お使いの洗濯機に温水コースがあれば1度試してみてください。

洗濯機を購入する際は、温水洗浄機能のある洗濯機をオススメします。

汚れにあった洗濯コースを!

泥汚れなどのひどい汚れは、洗う前に水に漬けておかないとなかなか汚れも落ちませんよね。
汚れの度合いや種類によって漬け置き洗いするなど工夫が大事ですが、手間や時間がかかってしまいます。

ですが、漬け置きから洗濯まで洗濯機がやってくれたら嬉しいですよね。
洗濯機の中には、漬け置き洗いコースが出来るものがあります。
部活や畑仕事で泥汚れが多い、ひどい汚れがなかなか取れなくて困る、という方は泥汚れコースなどのひどい汚れ専用のコースが搭載されている洗濯機をオススメします。

濃度をきっちり守りましょう!

洗濯機を回す際に、洗剤や柔軟剤の量は的確に入れていますか?
洗濯洗剤や柔軟剤の濃度はボトル表示にあるように正しく投入したほうが、汚れがきれいに落ちます

中には、毎回量を測るのが面倒くさいから大体でいいや、と大まかに入れている方もいると思います。
しかし、適量を入れないと汚れの落ちが悪くなったり、洗剤がしっかり落ち切らずに洗濯終了になってしまうことがあります。

毎回ちゃんと量を測るのが面倒くさいと思う方にオススメなのが、自動投入機能です。
自動投入機能とは、洗濯する衣類の量にあった洗剤や柔軟剤の量を自動で投入してくれる機能です。
洗濯洗剤や柔軟剤の入れすぎや足りないなどのムダがないです。
なにより、洗濯の度に量を測る手間や洗剤をこぼしてしまうこと、ボトルの詰め替えの手間もなくなります。

まちのでんきやさんから見ても、自動投入機能は本当にオススメです!

まとめ

  • 洗濯の水温は、温水を使う
  • ひどい汚れは、適したコースで洗う
  • 洗濯洗剤や柔軟剤の量は正しく入れる


以上、洗濯の質を上げるコツでした。
上記のことに気を付けると、質の高い良い洗濯が出来ると思います。
そろそろ洗濯機の買い替えを考えている方は、機能を見て洗濯機を選びましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました