【解説】エアコンの屋根置きっていいの?

エアコン

こんにちは、まちのでんきやさんをしているnanomiiです!

エアコンを取り付けようと思った時に屋根に置きにしたいな、と思ったことはありませんか?
エアコンの屋根置きには、色々なメリットやデメリットがあります。
そこで今回は、エアコンの屋根置きについて話していきます。

エアコンの屋根置きとは?

エアコンの屋根置きとは、エアコンの室外機を屋根の上に置くことです。
その際に屋根置き専用の部材を使用します。
2階以上の部屋にエアコンを設置するときに屋根置きにすることがあります。

屋根置きをしたいときは?

エアコンの室外機を屋根置きにしたいなと思ったら、エアコン注文時に相談してみましょう。
屋根の傾斜や素材などで屋根置きが出来るかどうかを電気屋さんが判断します。
屋根置きしたい意向を伝えてプロに相談するのが一番です。

屋根置きのメリット

エアコンの室外機を屋根置きにすることで、敷地の有効活用が出来ます。
家の敷地が狭い場合、屋根置きは有効です。

屋根置きのデメリット

エアコンの室外機にはファンがついていて、エアコン運転時にそのファンが回転します。
ファンの回転時に振動が屋根に伝わって音が気になることがあります。

また、よっぽど落ちないと思いますが、台風などの強い風の時に落下の心配があります。

屋根に登るとなると高所作業になるので、通常のエアコン取り付けよりも工事代が高くなることがあります。

まとめ

以上、エアコンの屋根置きについてでした。
エアコンの室外機は、なるべく1階に置くことをおすすめします(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました