【でんきやさん解説】エアコンのグレードの違い

エアコン

こんにちは、まちのでんきやさんをしているnanomiiです!

エアコンの購入時に、『サイズ(畳数)は決まったけど、グレードはどうしよう、、、』と悩むことはありませんか?
価格が違ってくると、『そこまで高くなくてもいいんじゃないか、、、』と感じると思います。

実は、エアコンのグレードには値段が高いなりのメリットがあります。
部屋によって適したグレードのエアコンを設置すると有効活用出来ます。

そこで今回は、
まちのでんきやさんで、エアコンのグレードについて詳しい私が、
エアコンのグレードの違いについて話していきます。
最後の方に、こういう場合は上位モデルがおすすめ!というのも紹介しているので見てください!

違い①:値段

まず、ぱっと見て分かるのは、値段の違いです。
同じ畳数のエアコンでも、グレードが高いほど値段が上がっていきます

違い②:電気代

メーカーにもよりますが、グレードが高いエアコンの方が電気代を安く抑えることが出来ます。
部屋の畳数が広くなるほど、その差は大きくなります。

だいたいの目安にはなりますが、上位グレードのエアコンと下位グレードのエアコンで比較した時に
トータルコストは、上位グレードの方が安く済むことがあります

商品自体の値段が高くても電気代が安く抑えられるので、トータルコストを考えるとグレードが高いエアコンを買うのも全然アリです。

違い③:機能の多さ

グレードが上位になればなるほど、色々な機能が追加されます。
例えば、パナソニックのお掃除ロボット機能は、上位グレードのみ搭載されていることがあります。

違い④:パワー

エアコンは、グレードが高いほどパワーがあります。
パワーがあると、設定温度までに到達する時間が早く済むので省エネにもなります。
暑い時期や寒い時期に部屋の温度をなるべく早く設定温度まで行くことが出来ると快適に過ごせます。

エアコン上位をおすすめする条件

こういう場合は、上位モデルのエアコンをオススメします!

  • 暑い日や寒い日に効きが悪いと感じたくない
  • リビング
  • 使用頻度の高い部屋
  • 広い部屋
  • 暑がりな人、寒がりな人
  • いろんな機能を使ってみたい

寒さの厳しい日に、『全然エアコンが効かなくて部屋が寒い!』と感じたことがありませんか?
それは、エアコンのグレードが低いことによるパワー不足が原因です。
そんなときは、グレードの高いエアコンを選びましょう。

エアコン下位でもいい条件

以下の場合では、下位モデルのエアコンでも大丈夫です。

  • 寒すぎず、暑すぎない地域に住んでいる
  • 個人の部屋
  • 狭い部屋
  • 使用頻度の低い部屋
  • とにかく冷房と暖房が使えればいいと思っている

下位モデルのエアコンは、『とりあえずエアコンがあればいい!』という方にオススメです。

まとめ

以上、エアコンのグレードの違いについてでした!
家のすべての部屋のエアコンを上位グレードにするのは、結構値段がかかってしまいます。
なので、一番良く使うリビングを優先的に上位グレードにすることをおすすめします(^^♪

タイトルとURLをコピーしました