衣類乾燥除湿機を使っていると暑い!原因と対処法

衣類乾燥除湿機

こんにちは、まちのでんきやさんをしているnanomiiです!

衣類乾燥除湿機を運転させていると室内が暑くなることはありませんか?
そこで今回は、衣類乾燥除湿機の運転中に部屋が暑くなる原因と対処法について話します。

なぜ暑くなるのか?

衣類乾燥除湿機を運転させていると室内が暑くなってしまうのには、乾燥方法に原因があります。
衣類乾燥除湿機には、いくつか方式があり、その方式によって衣類を乾燥させる仕組みが異なります。
中でもデシカント方式の衣類乾燥除湿機は、室内が暑くなる傾向にあります

デシカント方式とは、ヒーターと乾燥剤を用いて除湿効果を上げて衣類を乾燥させます。
ヒーターを使うので、室内の温度が上がってしまいます。

部屋が暑くならない方式ってあるの?

衣類乾燥除湿機には、デシカント方式の他にコンプレッサー方式というものがあります。
コンプレッサー方式は、デシカント方式に比べると室内が暑くなりにくいです。

コンプレッサー方式とは、冷却器を用いて空気を冷やし、空気中の水分を結露させます。
その結露した水をタンクに溜めることで除湿し、衣類を乾燥させます。

コンプレッサーを動かす際に発生する熱を放出させますが、冷却器を使うので室内が暑くなりにくいです。
中には、涼しいと感じる方もいるかもしれません。

だったら暑くならない方式の方がいいに決まってる!ってこともない

室内が暑くならないなら、コンプレッサー方式の方がいい!と思う方がいると思います。
ですが、コンプレッサー方式にも欠点があります。
ここで、コンプレッサー方式の特徴を話したいと思います。

  • ヒーターを使わないから消費電力が少ない
  • 梅雨や夏の時期の除湿が得意
  • 低温時はパワーダウン

低温時はパワーダウン、、、
実は、コンプレッサー方式は、秋や冬の除湿には弱いのです。
梅雨の時期だけでなく、秋や冬にも衣類乾燥除湿機を使いたい方には、物足りないかもしれません。

2つの方式の良いとこ取りをしている方式、、、あります!!

実は、デシカント方式とコンプレッサー方式を良いとこ取りをしている方式があります。
それは、ハイブリッド方式の衣類乾燥除湿機です。

ハイブリッド方式って?
↑こちらにハイブリッド方式の衣類乾燥除湿機についての記事があるので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

【室内が暑くなってしまうのは、衣類乾燥除湿機の方式が原因】

以上、衣類乾燥除湿機の運転中に暑くなる原因と対処法でした。
室内ではなく、衣類乾燥除湿機が高温になってしまった場合は、すぐに運転を止めましょう。
その後、衣類乾燥除湿機を購入したお店や近くの電気屋さんに相談しましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました