エアコンのリモコンが壊れた?!原因と対処法

エアコン

こんにちは、まちのでんきやさんです!

急にエアコンのリモコンの反応が悪くなったり、全部のボタンが反応しないことはありませんか?
そこで今回は、エアコンのリモコンが反応しない時の原因と対処法について話していきます。


原因その1:リモコンの電池がない

原因の1つとして、リモコンに入っている電池の残量がないことが挙げられます。
エアコンのリモコンが反応しない時の原因として一番多い原因ではないでしょうか。
対処法は、電池を新しいものに交換するとリモコンが反応するようになります。

また、リモコンに入っている電池の残量が減ってくると、リモコンに表示される文字が薄くなっていきます。
『リモコンの文字が薄くて見にくいな』と感じたらそろそろ電池が切れてしまう合図なので、リモコンの電池を交換しましょう。



原因その2:リモコンの電池の極性が間違っている

最近リモコンの電池を変えたのに、それっきりリモコンが反応しないという方はこの原因かもしれません。
リモコンに電池を入れる際に、極性を間違ってしまうとリモコンは作動しません。
対処法は、リモコンにある電池を入れる蓋を開けて極性が合っているか確認し、正しく入れ直しましょう。


原因その3:接触不良

リモコンのボタンの中でも1つだけ反応しないという場合は、接触不良が原因の可能性が高いです。
この場合は、リモコンの故障が原因です。
対処法は、リモコンを買い替えることです。

エアコンのリモコンは、リモコン単体でも注文、購入出来ます。
また、共用リモコンも電気屋さんに販売しています。
その場合、リモコンのメーカーと品番をメモしてからお店に行って、対応する共用リモコンを購入しましょう。


リモコン無しでエアコンを付ける方法

実は、エアコンのリモコンが無くてもエアコンを動かすことが出来ます。
エアコンのリモコンを新しく買い替えるまで、どうしてもエアコンを使いたい時に使いましょう。

その方法とは、エアコンの内機本体にある応急運転ボタンと呼ばれるものを押す方法です。
応急運転ボタンの場所は、前面パネルを開けると右下の方に応急運転ボタン(かなり小さい)があるので、そのボタンを押しましょう。
エアコンは高い位置にあるので、椅子などに登る際には十分に注意しましょう。

ここで、注意ですが、応急運転ボタンでエアコンを作動させると自動運転モードになるので、温度や風量、風向きは調節できません
風向きは、リモコンで設定していた風向きのままで自動運転をします。

一度、エアコンの電源プラグを抜き差しすると風向きは自動になります。

※メーカーによって応急運転の方法や仕様が異なることがありますので、取り扱い説明書を確認することをおすすめします。


まとめ

エアコンのリモコンが反応しない時の原因と対処法は分かりましたか?
リモコンのような小さなものでも、困ったら近くのまちのでんきやさんに気軽に相談しましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました