【でんきやさん解説】エアコンの配管カバー(化粧カバー)のいろいろ

エアコン

こんにちは、まちのでんきやさんをしているnanomiiです!

エアコンの配管カバーっているの?後付け出来る?室内用ってどうなの?と気になる方が多いと思います。

そこで今回は、配管カバー(化粧カバー)について色々解説していきます。

配管カバー(化粧カバー)って何?

配管カバー(化粧カバー)とは、エアコンの配管を雨風や日光から守る役割をする物です。
プラスチックのようなもので出来ています。
色が数種類あって、家の壁に合った色にすると自然な感じになります。
また、配管が丸見えにならないので見た目も良くなります

配管カバー(化粧カバー)って必要?

結論から言いますと、無くても大丈夫な部品です。
これが無いからと言ってエアコンが動かないという訳ではありません。

配管カバー(化粧カバー)が無いとどうなる?

配管カバー(化粧カバー)が無いと、その分配管の劣化が早く進みます
配管は、断熱材に包まれていて、その上から補強の為にテーピングをします。
その断熱材やテープは、雨風や日光によって劣化してしまいます。
配管がむき出しになってしまうと、冷房や暖房の効きが悪くなって効率ダウン↓になってしまいます。

配管カバー(化粧カバー)は、後付け出来る?

配管カバー(化粧カバー)は後付け出来ます。
後付け出来ますが、始めから付けておいた方が余分な料金がかからなくて済むと思います。

室内用配管カバー(化粧カバー)って?

室内用配管カバー(化粧カバー)は、室内機からエアコン用の穴までの配管をカバーする物です。
室内は、雨風や日光が当たらないのでカバーを付けない場合が多いです。
ですが、見た目が気になる方は、室内用配管カバー(化粧カバー)を付けるとかっこよく見えます。
カバーは、外用と少し異なります。

配管カバー(化粧カバー)は、ゴキブリ対策にはならない

配管カバー(化粧カバー)を付けてもゴキブリ対策にはなりません。

エアコンのゴキブリ対策
↑エアコンのゴキブリ対策については、別で記事があるので参考にしてください。

まとめ

以上、配管カバー(化粧カバー)についての解説でした。
でんきやさん視点では、配管カバー(化粧カバー)を付けることをおすすめします(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました