【でんきやさんが解説】衣類乾燥除湿機のお手入れ方法

お手入れ

こんにちは、まちのでんきやさんをしているnanomiiです!

衣類乾燥除湿機を使っていると、お手入れしなきゃな、とふと思うことがあると思います。
また、衣類乾燥除湿機を持っていない方もどういうお手入れが必要なのか気になると思います。
そこで、今回は衣類乾燥除湿機のお手入れ方法について部品別に話していきます。
(パナソニックの衣類乾燥除湿機:F-YHUX120のお手入れ方法)

お手入れは、電源プラグを抜いてから行いましょう。

必要なもの

  • 掃除用布
  • 台所用中性洗剤(汚れがしつこい場合)

タンクセット

タンクセットとは、タンクタンクの蓋フロート(タンク内に付いている部品)のことです。
水で2~3回すすぎましょう。←お手入れ簡単!

フロートは、外さないでください。
フロートは、外してしまうと水漏れの原因になります。
もし、外れてしまったら取り扱い説明書を読んで確実に取り付けましょう。

水で取れない汚れは、薄めた台所用中性洗剤を使いましょう。
頻度は、1か月に1回程度です。

本体

本体は、水を固く絞った布で拭き、その後に乾拭きをしましょう。
本体は、立てたままお手入れしましょう。
本体を倒してしまうと、水漏れの原因になります。
水拭き掃除で取れない汚れは、薄めた台所用洗剤を使いましょう。
汚れた時にすぐに掃除すると、汚れが取りやすいですよ。

フィルター

フィルターは、本体の背面に付いています。
フィルターについたホコリは、掃除機で吸い取りましょう。
頻度は、2週間に1回程度です。


フィルターは、ホコリなどで目詰まりを起こしてしまいます。
目詰まりを起こしたフィルターをそのまま使ってしまうと以下のようなデメリットが発生します。
・除湿能力が落ちて電気代がムダになる
・排熱出来ず、本体内部に過熱を起こし故障する

頻度は、あくまでも目安です。
衣類乾燥除湿機の使用頻度や部屋の環境によってフィルターの目詰まりが早く起こってしまうことがあります。
フィルターの状況を見つつ、定期的に掃除することをおすすめします。

長期間使わないとき

衣類乾燥除湿機を長期間使わない場合には、以下のお手入れ方法をしてから片づけましょう。

  1. 内部乾燥運転をする
  2. タンクの排水をする
  3. お手入れする
  4. 本体に布(ホコリ除け用)などをかぶせる
  5. 湿気が少なく風通しの良い、水平で安定した場所に立てて保管する

内部乾燥運転の方法は、取り扱い説明書を読んで行いましょう。
保管の際に、傾けたり横にしてしまうと故障や水漏れの原因になります。

まとめ

以上、衣類乾燥除湿機のお手入れ方法でした!
取り扱い説明書には、イラスト付きのお手入れ方法が記載されていますので、それを見てもらうとより分かりやすいと思います(^^♪

コメント

  1. […] ないまま使用すると、におうことがあります。対処法:衣類乾燥除湿機を掃除しましょう。衣類乾燥除湿機のお手入れ方法←こちらに記事がありますので良かったら参考にしてください。 […]

  2. […] ていると異音がすることがあります。対処法:フィルターを掃除しましょう。衣類乾燥除湿機のお手入れ方法←こちらにフィルターの掃除方法が記載されているので、良かったら参考に […]

  3. […] に水が溜まりにくくなってしまいます。対処法:フィルターの掃除をしましょう。フィルターの掃除方法←こちらにフィルターの掃除方法の記事があるので良ければ参考にしてください […]

タイトルとURLをコピーしました