衣類乾燥除湿機ってお風呂場に置く?部屋に置く?

衣類乾燥除湿機

こんにちは、まちのでんきやさんをしているnanomiiです!

衣類乾燥除湿機は、お風呂場か部屋、どっちの方が効率がいいんだろう?と思ったことはありますか?
そこで今回は、でんきやさんである私が思う、衣類乾燥除湿機はどっちに置いた方が効果的なのかについて話していきます。

衣類乾燥除湿機は部屋に置いた方がいい

結論から言いますと、衣類乾燥除湿機は部屋に置くことをおすすめします。
衣類乾燥除湿機=衣類乾燥+除湿機だからです。
ほとんどの衣類乾燥除湿機は、衣類乾燥の運転後に部屋の除湿を行います。

衣類乾燥後に部屋の除湿をすると、乾いた衣類が部屋の湿気を再び吸う「湿気戻り」を防ぐことが出来ます。
さらに室内の湿度も快適にしてくれます。

衣類乾燥除湿機をお風呂場に置いてしまうと、せっかくの機能が発揮されなくなってしまいます。

では、衣類乾燥機だったら?

衣類乾燥除湿機ではなく、衣類乾燥機であればお風呂場に置くことをおすすめします
衣類乾燥機は、部屋を除湿するための機能が十分に備わっていないことが多いです。
なので、衣類の湿気戻りや衣類乾燥後の湿った空気が部屋中に漂ってしまいます。

次に、場所別でメリットとデメリットについて話していきたいと思います。

お風呂場干し

メリット

  • タンクに入った水を捨てるのが楽
  • 部屋に干さないから邪魔にならない
  • 洗濯機との距離が近いからすぐに干すことが出来る

デメリット

  • 浴室内が濡れていると、その分衣類乾燥に時間がかかる

部屋干し

メリット

  • 衣類乾燥除湿機であれば、衣類乾燥の後に部屋の除湿も出来る

デメリット

  • 室内の見栄えが悪い
  • 部屋の温度が変わる(暑くなることがある)

まとめ

以上、衣類乾燥除湿機はどっちに置いた方が効果的かについてでした!

色々な干し方を試してみて自分にあったスタイルを見つけていくといいですよ(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました