エアコンのルーバーが動かない時の原因と対処法

エアコン

こんにちは、まちのでんきやさんをしているnanomiiです!

エアコンを使っていると、ルーバー(吹き出し口の羽)が開かない!閉じない!なんてことはありませんか?
電気屋さんをやっていると、エアコンの故障の中でもよく相談を受ける症状です。
今回は、エアコンのルーバーが動かない時の原因と対処法について話したいと思います。

原因

原因は、ルーバーを動かすモーターが故障していることが多いです。
モーターは、運転中によく動く部品なので故障しやすいです。

対処法

メーカーに修理依頼する

対処法:ルーバーを動かすモーターを交換しましょう。
まず、エアコンの品番とメーカーをメモしておきます。
そして、エアコンを購入した電気屋さんにメモをした品番などを伝え、修理依頼をしましょう。

テープで応急処置をする

対処法:ルーバーを開いたまま、テープ固定しましょう。
これは、モーターが直るわけではないので、応急処置というイメージです。
手動で好きな風向きになるまでルーバーを開いて、決めた位置でテープ固定しましょう。
使用するテープは、養生テープなどにしましょう。
ルーバーが開いたままでも、エアコン運転には特に問題はありません。

どっちの対処法にするかの基準

さきほど、対処法としてモーターの交換とテープ固定の2パターンを挙げました。
その2パターンの分かれ目の基準ですが、

  • モーターの交換:エアコン購入から数年以内、テープなんて貼りたくない
  • テープ固定:エアコン購入から約10年以上、見た目はあまり気にしない

これらが基準です。エアコンを買って数年以内であれば、この先も長くエアコンを使うことを考えるとモーターの交換をオススメします。
10年以上経っていれば、修理するよりもエアコンを新しく買い替えた方がいい場合もあります。
電気屋さんとしては、もちろんモーターの交換をオススメしますが、お金がもったいない、テープ固定でも別に構わないという方は、テープ固定でもいいと思います。

まとめ

ルーバーが動かなくなった時の対処法は分かりましたか?
基準を参考に対処法を選んでみてください(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました