【でんきやさんが解説】最適なエアコン選び方

エアコン

こんにちは、まちのでんきやさんをしているnanomiiです!

エアコンを購入するときに、どんなエアコンにしようか悩むと思います。
畳数や機能、メーカーなど考える材料が沢山ありますよね。
そこで今回は、エアコンの選び方について話していきます。

お部屋の広さとどこの部屋なのか確認

まず、エアコンを設置する部屋の畳数を確認しましょう。
エアコンは畳数別で販売されています。
エアコンの大きさを選ぶ基準になります。

そして、設置する部屋の種類(リビング、寝室など)を確認します。
よく使う部屋なのか、あまり使わない部屋なのかを考えてみましょう。
エアコンのグレードを選ぶ基準になります。

家は木造?鉄筋?

実は、木造なのか鉄筋なのかでエアコンの効きが違ってきます。
同じ畳数で同じパワーのエアコンでも木造と比べると鉄筋の方がエアコンの効きが良いです。
理由は、鉄筋の方が隙間が少ないからです。
なので、木造建てで部屋のエアコンはよく効いてほしいという方は、部屋の畳数よりも1つ上の畳数で考えた方がいいと思います。
(例:6畳木造→8畳木造と考える


実際にエアコンを選ぶ時

一般的にエアコンは、暖房基準で畳数を選びます
冷房よりも暖房の方がパワーを使うので、冷房基準で選んでしまうと暖房時に効きが悪く感じてしまいます。

例えば、
6畳の部屋で、エアコンを購入する場合は、暖房6畳用のエアコンを購入することをオススメします。
ここで、6畳用のエアコンを買ってしまうと、冷房は効きますが、暖房は効きが悪くなってしまいます。

上記を踏まえてエアコンを選ぶと良いこと

  • 冷房も暖房も速く効いてすぐに快適な室温になる
  • 電気を多く消費する立ち上げ運転が短時間で済み、省エネ
  • 長持ちしやすい

部屋の畳数と同じエアコンを選んだら?

  • パワー不足で、暖房の効きが悪い
  • 常にフルパワーで運転するため電気代がかさむ
  • エアコンに負担がかかり、長持ちしにくい

機能やメーカーについて

エアコンの基本的な選び方について話しました。
機能やメーカーについては、気に入ったものでいいと思います。
例えば、足元が冷えて困る方は、それに特化した機能を持つエアコンにしましょう。

エアコンのグレードがあれば、一番いいものをおすすめします。
グレードがいいものの方が、やはりエアコンの効きは良いです。
また、グレードによって搭載されている機能が異なりますので、よく確認しましょう。


まとめ

エアコンを選ぶときの考え方をまとめました。

  • 部屋の畳数を確認
  • 設置する部屋の種類(リビング、寝室など)を確認
  • 木造か鉄筋か
  • 暖房畳数を見てエアコンの購入がオススメ

エアコンを選ぶ方法が分かりましたか?
まちのでんきやさんは、部屋の広さやどこの部屋なのかでオススメするエアコンが異なります。
私のお店では、設置する部屋を実際に見て、確認してから部屋に合ったエアコンを提案しているので、毎回お客様には満足して頂いています(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました