【失敗しない!】でんきやさん直伝のエアコンの選び方

エアコン

こんにちは、まちのでんきやさんをしているnanomiiです!

おばちゃん
おばちゃん

エアコンが欲しいんだけど、どの大きさでどんなのがいいんだろう?

と思っている方向けのお話です。

『エアコンを購入しよう!』と思っても、実際に電気屋さんに行くと『どれを買えばいいんだ?』と悩むことはありませんか?
エアコンを選ぶ時には、いくつかのポイントがあります。
そのポイントを押さえていないと、エアコンの効きが悪かったりなど、後悔してしまいます

そこで今回は、普段からお客様に合ったエアコンを提案・販売している私が、
エアコンの選び方について話していきます。

エアコン選びのやることリスト

  • 設置予定の部屋の調査(電気屋さんに行く前)
  • 欲しい機能を見つける(電気屋さんにいるとき)
  • グレードの検討(電気屋さんにいるとき)

エアコン選びには、上記のことを行いましょう。
では、1つずつ話していきます。

設置予定の部屋の調査

まずは、エアコンを設置する部屋の調査をしましょう。
確認するべきことは、以下のポイントです。
電気屋さんに行った時に忘れないようにメモしておきましょう。

  • 部屋の畳数
  • 部屋の種類
  • 部屋の使用頻度

《部屋の畳数》
エアコンは、畳数別で販売されています。
エアコンの大きさを選ぶ基準になります。

《部屋の種類や使用頻度》
個室なのか、リビングなのかを確認しましょう。
よく使う部屋なのか、あまり使わない部屋なのかを考えてみましょう。
エアコンのグレードを選ぶ基準になります。
リビングやよく使う部屋には、グレードの高いものをおすすめしています。
グレードに関しては、後程説明します。

電気屋さんに行ったときに見るポイント

先ほどのことを確認出来たら電気屋さんに行きましょう。
以下のことに気を付けてエアコンを選んでいきましょう。

  • 部屋の畳数=暖房時の畳数を選ぶ
  • 欲しい機能を見つける
  • グレードの検討

部屋の畳数=暖房時の畳数を選ぶ

まずは、エアコンの大きさを確定しましょう。
一般的にエアコンは、暖房基準で畳数を選びます
冷房基準しか記載されていない場合は、一段階上の畳数を選びましょう。

《なぜ暖房基準で選ぶのか?》
冷房と暖房では、エアコンが使うパワーが違います。
例えば、
暖房8~10畳冷房8~12畳
と記載しているエアコンがあるとします。
これは、どういうことかというと、
・暖房は10畳、冷房は12畳まで効く
という意味になります。
つまりは、2畳分多く暖房の方がパワーを必要とするということです。

《例:12畳の部屋のエアコンが欲しい》
12畳の部屋で、エアコンを購入する場合は、暖房12畳用のエアコンを購入しましょう。
ここで、上記のような冷房12畳用のエアコンを買うと、冷房は効きます。
ですが、暖房は10畳分しか効かないので、『暖房使っているのに部屋が暖まらない!』ということが起こってしまいます。

欲しい機能を見つける

エアコンの機能は、メーカーによっていろいろあります。
『これいいな!』と思った機能を見つけましょう。
まちのでんきやさんである私がおすすめするのは、以下の機能です。

  • お掃除機能
  • 冷房や暖房がすぐ出る機能

グレードの検討

エアコンの大きさと、メーカーが決まったら次はグレードの検討です。
リビングやよく使う部屋は、グレードが上位モデルのエアコンにしましょう。
また、上位グレードになるほど、機能が追加されます。
欲しい機能が搭載されているか確認しましょう。

エアコンのグレードの違いについての記事があるのでぜひ、参考にしてください。

まとめ

《エアコンを選ぶポイント》

  • 部屋の調査をする
  • 部屋にあった大きさのエアコンを選ぶ
  • 機能を選ぶ
  • グレードを選ぶ

以上、エアコンの選び方でした!
この選び方をすれば、部屋にあったエアコンを購入出来ます。

まちのでんきやさんでは、実際にお客様の部屋の状況を見て確認します。
それ踏まえて、部屋にあったエアコンを提案します。
エアコン選び~設置、修理やメンテナンスを一貫して行うのが、まちのでんきやさんです。
『家電製品はよく分からないから、お任せしたい!』と思ったら近くのまちのでんきやさんに相談しましょう(^^♪


タイトルとURLをコピーしました