火災警報器の使用期限ってどれくらい?

まちのでんきやさん

火災警報器は付いているけど、これっていつまで使えるの?と思ったことはありませんか?火災警報器は、いざという時に使えないと意味がありません。
そこで今回は、火災警報器の使用期限や交換時期について話していきます。

使用期限は、ズバリ10年!

火災警報器の使用期限は10年と言われています。
火災警報器は10年経つと電子部品の寿命や電池切れなどで火災を感知出来なくなります。なので、電池の交換だけではなく、火災警報器本体の交換が推奨されています。

使用期限の確認方法

火災警報器に記載されている「設置年月」を確認してください。
もし記載されていない場合は、火災警報器本体に記載されている「製造年月日」を確認してください。

もし、期限切れだったら?

火災警報器が期限切れだった場合、火災警報器を買いに行きましょう。電気屋さんやホームセンターに売っています。
オススメはまちのでんきやさんです!設置までやってくれる店舗が多いと思います。天井設置の作業は危ないので、購入から設置まで依頼しましょう。

まとめ

  • 使用期限は10年
  • 火災警報器本体に記載されている年月日を確認
  • 交換の場合は本体ごと変える
  • 購入、取り替え依頼はまちのでんきやさんへ

以上、火災警報器の使用期限についてでした!この記事を読んで頂いた方は、家の火災警報器を全て確認しましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました