エアコンの試運転の必要性や方法

エアコン

こんにちは、まちのでんきやさんをしているnanomiiです!

エアコンは、夏や冬になくてはならない存在ですよね。
そんなエアコンが使おうと思った時に運転しなかったらどうしますか?
試運転をしておけば、そんな心配はありません。
そこで、今回はエアコンの試運転について話していきます。

エアコンの試運転の必要性

まず、エアコンの試運転の必要性について話していきます。
試運転の目的は、エアコンが故障をしていないか確認することにあります。

本格的に夏や冬になってからエアコンを使ってみようと思ったら、故障していて動かないなんてを防ぐためです。
エアコンが故障していた場合に、暑い中エアコンが直るまで待ったり、新しく買い替えるまで待たなければなりません。
実際にも、暑くなってからエアコンを使ってみたら動かなくて、エアコンの修理や新しく買い替えするお客様が多いです。

特に夏は、エアコン取り付けなどで電気屋さんも忙しくなります
故障した際に、早期に対応してもらうためにも夏や冬の前に試運転をしましょう。

エアコンの試運転の方法

まず、エアコンの電源を入れます。
設定温度は時期によって異なります。
夏前であれば、冷房の最低温度で運転しましょう。
冬前であれば、暖房の最高温度で運転しましょう。

エアコン試運転時の確認事項

  • 冷たい、もしくは暖かい風が出ているか
  • 部屋中が冷える、もしくは暖かくなっているか
  • ルーバーがしっかり動くか

上記が確認事項です。
これで正常に運転が出来ていれば、試運転OKです。

問題があったときにどうするか

エアコンの試運転の時に、冷えない、もしくは暖まらない場合は、故障しているかもしれません。
もし、故障している場合は、エアコンを購入したお店に問い合わせるか、近くの電気屋さんに相談しましょう。
こちらにエアコンが冷えない、暖まらない原因と対処法についての記事があるのでぜひ参考にしてください。

まとめ

エアコンの試運転の必要性や方法は分かりましたか?
本格的に夏や冬になる前の5、6月や10、11月頃にエアコンの試運転はしましょう
その時期であれば、お店的にも忙しくなる前なので、早期対応が出来ると思います(^^♪

コメント

  1. […] すが、ピンと来ない方はエアコンの試運転の必要性や方法という記事があるので参考にしてください。 […]

タイトルとURLをコピーしました