これでエアコンのゴキブリ対策はバッチリ!

エアコン

こんにちは、まちのでんきやさんです!

題名から察する方もいると思いますが、
実はエアコンからゴキブリは侵入します。
これを許しておいてはいけません。
そこで今回は、エアコンからゴキブリが侵入してしまう原因やその対策について話していきます。


そもそもどこから侵入してくるのか

家の外からゴキブリが侵入する経路として挙げられるのは、

  • エアコンのドレンホース
  • 室内機の配管が外に出る穴の隙間

これらの2カ所です。
1つずつ原因と対策を話していきます。


エアコンのドレンホース

エアコンのドレンホースとは、室内機のホコリやゴミ、冷房時に発生する水が室外に出るためのホースです。
普段、そのホースは口が開けっ放しなので、
それが原因で、ゴキブリが侵入してしまいます。
対策は、排気ホースの口に『防虫キャップ』をつけたり、ネットを被せて輪ゴムやテープなどで固定しましょう。

防虫キャップ
ネットで被せる

室内機の配管が外に出る穴の隙間

下のイラストは、室内のエアコンのイラストです。
イラストの赤い〇の部分は、エアコンの室内機の配管が外に出る穴です。
赤い◯で囲ってある部分の隙間が開いているとゴキブリや虫が入ります。
原因としては、その穴に隙間なく詰めてある粘土が劣化してボロボロ落ちてしまい、隙間が発生してしまうことなどがあります。
対策は、開いてしまった隙間を粘土(パテと言われる粘土みたいなもの)で埋めましょう。

まちのでんきやさんを活用しましょう

上記で説明した『防虫キャップ』や配管と壁の隙間埋めは、まちのでんきやさんに依頼出来ます。
エアコンを買うわけでもないのに頼みにくいと思う方もいると思いますが、大丈夫です。
気軽に依頼してください!


まとめ

いつゴキブリが侵入してくるか分からないので、この記事を読んだらすぐに対策を実行することをおすすめします(^^♪

コメント

  1. […] 配管カバー(化粧カバー)を付けてもゴキブリ対策にはなりません。エアコンのゴキブリ対策↑エアコンのゴキブリ対策については、別で記事があるので参考にしてください。 […]

タイトルとURLをコピーしました