【音別に解説】エアコンから音がする!?

エアコン

こんにちは、まちのでんきやさんをしているnanomiiです!

エアコンを使っていると何か変な音がすることはありませんか?
もしかして故障?!と思う方もいると思います。
そこで今回は、エアコンからする音を種類別に解説していきます。

プシュッ

霜取り運転時や運転停止時に、エアコン内部の冷媒ガスの流れが切り替わる音です。
これは、故障の音ではありません。

ピシッ、パキッ

温度変化でエアコンの樹脂部分が伸び縮みする音です。
これは、故障の音ではありません。

シャー、ボコボコ(水が流れるような)

エアコン内部に冷媒ガスが流れている音です。
また、暖房運転停止後、霜取り運転する音です。
これは、故障の音ではありません。

ゴー

フィルターおそうじ運転開始時や内部クリーン運転中に排気している音です。
もし音がうるさくて嫌な場合は、運転を停止しましょう。
これは、故障の音ではありません。

バタバタ、ガクガク

エアフィルターが正しく取り付けられていないとフィルターおそうじ運転時に、フィルターそうじノズルが当たって音がすることがあります。
これは、故障ではないですが、対処が必要です。
この場合、エアコンの運転を停止させてエアフィルターの取り付けが正しくされているか確認してください。
フィルターが外れていたりずれていたら、正しく取り付け直しましょう。

ブーン

エアフィルターを掃除している音です。
これは、故障の音ではありません。

ポコポコ

ドレンホースから外気が流入し、発生する音です。
特に、高気密住宅など、気密性の高い部屋で、換気扇を回しているときや屋上に強風が吹いているときに発生します。
これは、故障の音ではありません。
この場合、部屋の吸気口を開けると解消されることがあります。

シャー

ナノイーXが発生している音です。(Panasonic)
これは、故障の音ではありません。
この場合、就寝時など、音が気になるときには、ナノイーXを取り消してください。

まとめ

以上、音別に解説しました。
故障の音でなくても、実際にはエアコンが動かない場合(故障)もあります。
上記以外の音がする場合は、故障の可能性もあるので、エアコンを購入した店舗や近くのまちのでんきやさんに相談しましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました