知って得する次世代住宅ポイント制度

まちのでんきやさん

次世代住宅ポイント制度って聞いたことはあるけど、実際何か分からない方は多いと思います。今回は分かりやすく次世代住宅ポイント制度について話していきます。

そもそも次世代住宅ポイント制度って?

次世代住宅ポイント制度とは、消費税が10%に上がる際に支援対策としてポイントがもらえる制度です。そのポイントは様々な商品に変えることが出来ます。
1ポイント=1円です。

対象はどういう場合?

対象は、もともと建っている住宅のリフォームをする場合になります。
例えば、今使っている家のお風呂の床がタイルで浴室全体にリフォームを考えているという方に当てはまります。またキッチン全体のリフォームを考えている方も当てはまります。
もらえるポイントはリフォームの内容によって異なります

色々な条件

次世代住宅ポイントはリフォームする人が皆、もらえるわけではありません
いくつか条件があります。

  • 2019年4月1日~2020年3月31日に工事請負契約、着手したもの
  • 2018年12月21日~2019年3月31日までに工事請負をし、着手が2019年10月1日~2020年3月31日となるもの
  • 2019年10月1日以降に引き渡しするもの
  • 申請は2万ポイントから
  • ポイント申請は世帯主が行う
  • 工事前後の写真が必要

ポイント交換商品

家電、インテリア、雑貨、日用品、食料品、飲料、福祉・介護用品、防災・避難用品、ベビーキッズ用品などがあります。

申請書類について

申請時は、リフォームについて相談したお店に確認してください。必要な書類は、4パターンあります。

  • 戸別、リフォーム1000万円未満工事完了後
  • 個別、リフォーム1000万円以上工事完了前
  • 若者・子育て世代、リフォーム1000万円未満工事完了後
  • 若者・子育て世代、リフォーム1000万円以上工事完了前

現在住んでいる家のリフォームをお考えの方、高齢の方が住んでいる家が古くてリフォームを提案しようと考えている方、リフォーム工事中で引き渡しが2019年10月1日以降の方は、ぜひ次世代住宅ポイントを活用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました