【まとめ】洗濯機の洗濯と乾燥の基本

洗濯機

こんにちは、まちのでんきやさんをしているnanomiiです!

何気なく使っている洗濯機ですが、正しく使えているでしょうか?
今の洗濯機の使い方を改めて見直してみましょう。
今回は、洗濯機の洗濯と乾燥の基本的な知識について話していきます。

洗濯するとき

洗剤の適量を守る

洗濯洗剤や柔軟剤の量は適量を入れましょう。
量が少なすぎると洗浄性能が落ちてしまいます。
汚れがひどいからと多めに洗濯洗剤を入れても洗浄性能はほとんど変わりません
洗浄性能はほとんど変わらないのに、洗濯が終わっても洗剤が落ち切っていなかったり、いいことありません。
洗濯洗剤や柔軟剤を測るのが面倒くさい方は、自動投入機能が搭載されている洗濯機をおすすめします。

洗濯物の入れすぎに注意

洗濯物を入れ過ぎると、洗浄能力が悪くなります。
汚れがしっかり落ちていなかったり、洗濯機の故障に繋がってしまいます。
ぎゅうぎゅうに詰め込ますに、ふんわり入れて蓋が閉まる程度にしましょう。

できるだけまとめ洗いを

先ほど、洗濯物の入れすぎに注意するように話しましたが、逆に少なすぎも良くないです。
定格容量以下なら一度に洗う量が多いほど、水や電気の節約になります。
一人暮らしで1日の洗濯物の量が少ない場合は、何日かまとめて洗うと水や電気の節約になります。

色物は分けて洗う

色物は分けて洗いましょう。
ドラム式洗濯乾燥機で洗う場合、少ない水で洗うため洗濯で落ちた汚れや染料が、白物に色移りすることがあります。
(特に新品の色物衣類は注意です!)

ちょっとした工夫で洗濯上手に

汚れがひどい部分には、プレケア洗浄で前処理をしましょう
プレケア洗浄とは、洗濯する前に一度軽く洗濯します。
予洗いをしているので汚れが落ちやすくなります。
メーカーによりますが、プレ洗浄機能がある洗濯機をおすすめします。


乾燥するとき

脱水は十分に

水がポタポタ垂れるような衣類は、そのまま乾燥しないようにしましょう。
故障の原因になってしまいます。
洗濯機で十分に脱水しておくと早く乾き、電気代も少なくなります。

洗濯物の入れすぎに注意

『洗濯するとき』でも話しましたが、乾燥するときも同様です。
洗濯物を入れすぎると乾燥時間が長くなったり、乾きムラができることがあります。

フィルターのお掃除はこまめに

乾燥機付き洗濯機には、フィルターがついています。
そのフィルターは、乾燥したときに出る糸くずやホコリをキャッチしています。
フィルターが目詰まりすると乾燥時間が長くなり、電気代のムダになります。
目詰まりがひどいと、衣類が十分に乾燥されません。
乾燥が終わる度にフィルター掃除をすると、目詰まりを防げます

換気が十分できる場所に洗濯乾燥機の設置を

洗濯機のほとんどが洗面所の窓の近くに設置するので設置場所は問題ないですが、換気を行いましょう。
換気が不十分な場合、乾燥の時間が長くなることがあります。
乾燥時間が長くなると、電気も無駄になってしまいます。
温度差によっては窓、壁、本体などに結露が発生しやすいです。

ちょっとした工夫で乾燥上手に

化繊と木綿、厚物と薄物などは分けて乾燥しましょう。
そうすることで効率よく乾燥でき、電気代のムダが省けます。

まとめ

以上、洗濯機の洗濯と乾燥の基本的な知識でした。
やれそうだな、と思うことからやってみてください!浮いた電気代や水道代を他のことに使えるようになります!
参考にしてください(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました