家電製品買うならまちのでんきやさんへ!~増税後でも、お得に購入できるワザ~

まちのでんきやさん

2019年10月から消費税が10%になりました。中には、増税前に家電を買いたかったけど、冬のボーナスにならないと買えないし、、、。なんてこともあると思います。そこで、今回は増税後でもお得に家電製品を買う方法について話します。もしかしたら、増税後の方が安く買えるかもしれません。

家電買うならまちのでんきやさんで

『まちのでんきやさん』と聞いて知らないと答える方が多いかもしれませんが、街には電気屋さんがあります。量販店ではなく、個人でやっているお店です。パナソニックの看板が掲げてあるお店なのですが、そこで家電を買うことをオススメします。個人店なので地域密着しており、お客様にとても親切です。
Googleマップで『まちのでんきやさん』と検索するとヒットすると思います。
そこで登場するのが『パナカード』です!

キャッシュレス 還元5%!

増税後の対策として2020年6月までキャッシュレス決済すれば、5%還元となっています。ここでまちのでんきやさんのいいところは、大型店ではないので、還元率が2%ではなく、5%ということです。しかし、店舗によって使用出来るカードは異なりますので、注意してください。

パナカードを作って決済する

パナカードと聞いて、何?と思った方が多いと思いますが、Panasonicのお店専用のクレジットカードです。このカードは、申請したお店でしか使用できません。入会費、年会費は無料です。店舗によってはカード会員様に消耗品(電池や掃除機の紙パックなど)が5%オフになったりなど、特典があります。
でも一番言いたいのは、次です。VISAカードやJCBカードなどは還元の対象となる上限金額が30万円ですが、パナカードは、1000万円まで還元を受けることが出来ます。
例えば、エアコンを買えば、物によっては30万円くらいになることがありますが、VISAカードで購入してしまうと、以降の買い物をキャッシュレス決済しても、還元を受けることができません。そこで活躍するのが、パナカードです。パナカードは1000万円が上限金額なので、家電を買い替えても安心して5%還元を受けることができます。

パナカード申請方法

まず、近くのまちのでんきやさん(Panasonicのお店)に行きます。店員にパナカードを作りたいと伝えます。クレジットカードを発行するため、記入書類があります。また、審査もあるので、合格したら1か月後くらいにパナカードが届きます。(人気のカードなので、もしかしたら1か月以上かかるかもしれません)

パナカードを作って損はないと思います!今後、家電を購入する予定の方はぜひまちのでんきやさん(Panasonicのお店)でパナカードを使用してお買い物することをオススメします。(^^♪

コメント

  1. ビッキー より:

    管理人様、こんにちは、ビッキーと申します。
    ご記事の執筆をお願いしたいのですが。
    よろしいでしょうか?
    詳細に関するはどうぞお気軽にご連絡してお願いいたします。

    • nanomii より:

      ご連絡ありがとうございます。
      このような機会は初めてで戸惑っております。
      詳細をお聞きしたいのですが、よろしいでしょうか?
      お話を聞いてから、執筆させて頂くか検討したいと思っております。

タイトルとURLをコピーしました