電気屋さんがオススメする火災警報器の選び方

住宅設備

秋から冬にかけて乾燥が強くなったり、寒いため火を使う場面が多くなり、火災が多くなっています。みなさんのお家には火災警報器が付いていますか?
一般的に家を建てる時に火災警報器は設置されています。
ちなみに2006年6月1日から火災警報器の設置が義務化されています。なので、それ以前に家を建てた方は火災警報器が設置されていない場合もあるかもしれません。

そこで今回は、火災警報器の必要性と選び方について話していきます!

火災警報器があっても火事に気付かない?!

火災警報器は、普段使わないのでなかなか気にすることがないと思います。実際にあった事例ですが、火災警報器があっても火事に気付かずに大惨事になってしまったことがあるそうです。原因は火災警報器が10年以上経っていて上手く作動しなかったのです。ただ付いているだけでは安心出来ないということですね。

選び方その1(ワイヤレス連動型、単独型)

火災警報器には種類があります。
ワイヤレス連動型は、キッチンで火災が起こった時に部屋中にお知らせします。「ピーピー!他の部屋で火事です」と音声でお知らせします。
単独型は火災が起こった部屋で警報音が鳴ります。
オススメはもちろんワイヤレス連動型です。ワイヤレス連動型を取り付けたことで二世帯住宅でも火事に気付くことが出来たという話もありました。最大で15台連動出来ます。

選び方その2(照明付き)

火災が起こった時間帯が夜であると、周囲は真っ暗で逃げ遅れる可能性があります。そこで、火災警報器にLEDライトが付いていると周囲が明るく照らされるので避難をサポートしてくれます。

選び方その3(交換時期お知らせ機能)

火災警報器設置から約10年後にランプで機器交換時期をお知らせしてくれます。 基本的に火災警報器の寿命は10年くらいと言われています。 10年後を覚えておくのはなかなか難しいので、これはとても便利な機能です。
「ピピピ、故障です」「ピ、正常です」「ピ、電池切れです」と交換時期以外にも何かあれば音と音声で教えてくれます。

上記で話した機能を全て持ち合わせているのは、Panasonicの火災警報器です。火災警報器は自分で付けるよりもまちの電気屋さんに依頼しましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました