IHヒーター火加減ってどれくらい?

IHクッキングヒーター

こんにちは、まちのでんきやさんです!

IHヒーターを使っているときに、とろ火~9段階まで火の強さがあると思いますが、実際いくつが中火なのか、とろ火と1の違いは何か?と悩む方も多いと思います。
そこで今回は調理別の火加減について話します。

基本的に2.4.6

基本的に2.4.6がそれぞれ弱火、中火、強火です。
とりあえず、これを覚えておけばOKです。

煮る

  • 1~2(弱火)・・・じっくり煮込む、カレーやおでんなど
  • 3~5(中火)・・・さっと煮る、煮魚など
  • 6~8(強火)・・・煮立てる


茹でる

  • 4~5(中火)・・・茹でる、根菜、麺類など
  • 7~8(強火)・・・さっと茹でる、葉菜など
  • 9(強火)・・・湯を沸かす


温める(とろ火と1の違い)

  • とろ火・・・保温、溶かす、チョコレート、バターなど
  • 1~2(弱火)・・・温め直し

とろ火は保温で使います。
例えば、カレーを作り終わった後に保温にしておくと、おかわりするときに温かいカレーを食べることが出来ます。


蒸す

  • 2(弱火)・・・茶碗蒸し
  • 6~8(強火)・・・強めの蒸気で一気に蒸す、豚まんなど


炒める

  • 3~4(中火)・・・焦がさずに炒める、たまねぎなど
  • 6~9(強火)・・・手早く炒める、野菜炒めなど


焼く

  • 2~4(弱火~中火)・・・中までじっくり焼く、ハンバーグ、餃子など
  • 4~6(中火~強火)・・・焼き色を付ける
  • 7~9(強火)・・・表面をさっと焼く、ステーキなど


調理のポイント

  • 長時間の煮込みには必ずタイマーを使いましょう
  • 汁物などは加熱する前にかき混ぜましょう
  • 予熱は短めで充分な場合があります


まとめ

IHヒーター火加減やとろ火と1の違いは分かりましたか?
あくまでも目安なので、材料によっては上記の火加減通りではない場合があります。参考程度に活用してください(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました